【7ORDER】退所理由は?Love-tuneが干された理由を調査!

元ジャニーズの7人組「7ORDER(セブンオーダー) 」が2021年1月13日にメジャーデビューすることになり話題になっていますね!

この7人は元ジャニーズJr.で「Love-tune(ラブトゥーン)」というグループ名で活動していたことをご存知でしょうか?

「Love-tune」は2016年に結成され、結成2年でグループ全員がジャニーズを退所しています。

噂では「Love-tune」が干された理由がいろいろと囁かれていますが、グループの全員がほぼ同時期に退所するなんて、やっぱり何か裏があるのでは?と疑ってしまいますよね。

そこで、今回は「【7ORDER】退所理由は?Love-tuneが干された理由を調査!」ということで、7人のジャニーズ退所理由を探っていきたいと思います。

目次

「7ORDER」は元ジャニーズJr. の「Love-tune」

冒頭でもお伝えしましたが、「7ORDER」は元ジャニーズJr. で「Love-tune」というグループ名で活動していました。

メンバーは7人ですが、「Love-tune」のメンバー全員がジャニーズ事務所を退所して、誰1人入れ替わることなく、そのまま「7ORDER」としてメジャーデビューするということです。

ここで7人のメンバーをご紹介しますね♪

【7ORDER(元Love-tune)】

  • 安井謙太郎(29歳)
  • 真田佑馬(27歳)
  • 諸星翔希(26歳)
  • 森田美勇人(25歳)
  • 萩谷慧悟(23歳)
  • 阿部顕嵐(23歳)
  • 長妻怜央(22歳)

「Love-tune」は2016年に結成され、2018年にメンバーがジャニーズを退所しています。

活動期間はわずか2年という短い間ですが、ジャニーズJr.内で1、2位を争うほどの人気がありました。

メンバーの年齢を見て、ジャニーズJr.にしては大人だな〜と思いませんでしたか?

ジャニーズJr.ではメンバーの大半が成人を迎えているグループを「大人Jr.」と呼ぶそうで、当時「大人Jr.」のグループは「Love-tune」の他にも「Snow Man」「SixTones」「Travis Japan」などがありました。

まだまだ結成されてまもないグループで、しかも人気もあったのに、なぜメンバー全員がジャニーズを退所することになったのか?

coto

とっても気になりますよね!

退所理由は契約書問題?

「Love-tune」ファンからすると、突然露出の少なくなった「Love-tune」に早くから違和感を感じている人も多かったようです。

ファンの方たちにとったら、大好きなグループが突然露出が少なくなると心配になりますよね、、

この頃からファンの間ではグループ解散、ジャニーズ退所という憶測が飛び交いますが、ファンの期待も虚しく、「Love-tune」はそのまま全員退所ということになり、普段は公式発表をしないジャニーズ事務所は公式ページで「Love-tune」メンバーの退所を発表しました。

今まで、ジャニーズJr.がジャニーズを退所する時には一切お知らせはなく、プロフィールがいつの間にか削除され、そして退所に気づくということだったのに、「Love-tune」の時だけわざわざ発表されたということが、ファンにとっては逆に違和感しか残らなかったようですね、、

ファンの間では、「Love-tune」の退所の原因は、自分たちよりも年下の「King & Prince(キンプリ)」が先にCDデビューしたことが原因なのではないかとの噂もありました。

しかし、「週刊文春」が配信したネット番組「直撃!週刊文春ライブ」にてグールプが解散、そして全員退所した理由は契約書問題だったと報じられました。

「Love-tune」が干されていった経緯は何だったのでしょうか。

「Love-tune」が干された理由

「週刊文春」は、メンバーが全員退所となった原因はジャニーズ事務所と契約書を取り交わす説明会で、「Love-tune」だけその場でのサインを保留し、契約書を持ち帰ったことにあるとしています。

今まで、CDデビューをしていないジャニーズJr.は契約書を交わさずに、ジャニーズ事務所に籍を置いていましたが、2018年の1月に契約書をかわす説明会が行われたそうです。

そこには、「大人Jr.」のグループが呼ばれ、「契約書は形だけのもので、サインしてもしなくても今後の仕事や給料体系は変わらない」との説明がありました。

契約を結んでも、結ばなくても何も変わらないのであれば、特にメリットも感じないということで、「Love-tune」だけ、「一旦持ち帰って考えさせてください」とサインを保留したそうです。

そして、そこから明らかに「Love-tune」への待遇が変わっていったということです。

  • タクシーチケットが「Love-tune」だけ配られない。
  • メンバーが番組に出演した際に、番組の台本に「Love-tuneのメンバーだという紹介はNG」と書かれていた。
  • ジュリーさんの指示で「Love-tune」に来た仕事を他のJr.に振る。

などなど。

これが本当だったら怖いですよね。芸能界の闇とはこういうことなのでしょうか。

「Love-tune」メンバーの人生、そしてファンの気持ちを一切考えてないことがとても悲しいです、、

しかし、今回1人も欠けることなく同じメンバー7人で新たに出発することとなり、「Love-tune」復活というわけで、ファンも大喜びですね!

7ORDER projrct

実は「7ORDER project」というのはあくまでプロジェクト名で、厳密に言うと、グループ名ではありません。

「7ORDER project」として、メンバーそれぞれの活動を尊重し、みんなで楽しことをやっていこうと言う意味合いが強いのかもしれません。

彼らの初楽曲である「Sabaoflower」も、真田佑馬さんが作詞作曲し、メンバー全員で「CDとは一体何なのか」ということを話し合い、自主レーベルを立ち上げ、完全受注生産という形をとっています。

「7ORDER project」のモットーである「Happy をみんなで作りあげていく」ということを次々に実現してくれる7人の活躍が今後も楽しみですね!

\\「7ORDER」のレギュラー番組『イケダンMAX』(TOKYO MX)//

\\メジャーファーストアルバム『ONE』//

まとめ

今回は「【7ORDER】退所理由は?Love-tuneが干された理由を調査!」ということで、来年1月にデビューする「7ORDER」の7人がジャニーズ事務所を退所するに至った理由についてまとめてみました。

彼らにとってはジャニーズ事務所で夢を叶えることが一番だったと思いますが、それができなくなり辛い時期を過ごしたことと思います。

しかし、同じ夢を追いかけていたメンバーでまた表舞台に戻って来てくれたことは、本当に嬉しいですよね!今後の活躍を期待しています!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる