ネクタイの結び方をご紹介!高校生女子におすすめの方法はコレだ!

昔に比べ、女子高生でも制服で「ネクタイ」というところが増えてきましたよね。

でも、いざネクタイを結ぼうとすると「あれ?難しい、、」ってなりませんか?

そこで、今回は「ネクタイの結び方をご紹介!高校生女子におすすめの方法はコレだ!」ということで、たくさんあるネクタイの結び方から、女子高生におすすめの簡単な方法をご紹介します。

coto

それではさっそくいってみましょう!

目次

ネクタイの結び方の基本はプレーンノット

ネクタイの結び方はいろいろありますが、どの結び方もプレーンノットという方法が基本になっていますので、まずは1番簡単なプレーンノットを試してみてください♪

「大剣」「小剣」という言葉が出てくるけど、ネクタイの「大きい方」と「小さい方」という意味だよ!

  1. 大剣を長めにとって大剣側が小剣の上にくるように交差させます。
  2. 大剣をそのまま1周まわします。
  3. 大剣を後ろから首元の輪に通し、ループ状になったところに上から通します。
  4. 結び目を押さえながら、小剣を引っ張ると完成です。

1番簡単なやり方ですが、ネクタイが長くなってしまうので、背の低い女子高生には次の結び方がオススメです!

高校生女子におすすめの結び方はハーフウィンザーノット

こちらの動画では、パターン①(プレーンノット)パターン②(ウィンザーノット)パターン③(ハーフウィンザーノット)ということで、3つの方法を紹介していますが、この中で女子高生におすすめは、パターン③のハーフウィンザーノット!

【おすすめポイント】

・結び目が正三角形に近くて、ウィンザーノットよりボリュームがおさえられ、可愛らしい感じになる。
・プレーンノットより、ネクタイの長さが短くなるので、背の低い女子高生にはぴったり。
・巻き工程が増えるので、ネクタイが緩みにくい。

ハーフウィンザーノットの結び方

  1. 大剣を長めにとって大剣側が小剣の上にくるように交差させます。
  2. 大剣を後ろから首元の輪に通す。
  3. 大剣を小剣に1周巻きつける。
  4. あとはプレーンノットの②から同じ

プレーンノットの結び方に小剣に1周巻きつけるという手順が一つ増えただけですね!

とっても簡単なので、ぜひぜひ、この結び方を覚えて欲しいな♪と思います。

他にも簡単な方法をご紹介

ネクタイの生地にもよると思いますが、もう少し結び目にボリュームが欲しいという方や、ネクタイをもう少し短くしたいという方は、次の方法を試してみてください。

ウィンザーノットの結び方

ウィンザーノットの結び方は上でご紹介した動画のパターン②ですね!

  1. 大剣を長めにとって大剣側が小剣の上にくるように交差させます。
  2. 大剣を後ろから首元の輪に通す。
  3. 大剣を小剣に1周巻きつける。
  4. 大剣を反対側に回し、1周巻きつける。
  5. あとはプレーンノットの②から同じ

ハーフウィンザーノットのやり方で、反対側にも1周巻きつけるという手順が増えます。

こうすることで、結び目は台形のような形となり、カッチリとした感じがでますね。

ネクタイもハーフウィンザーノットよりも短くなります。

ダブルノットの結び方

ダブルノットはプレーンノットのやり方で、2周する感じですね!

  1. 大剣を長めにとって大剣側が小剣の上にくるように交差させます。
  2. 大剣をそのまま2周まわします。
  3. 大剣を後ろから首元の輪に通し、ループ状になったところに上から通します。
  4. 結び目を押さえながら、小剣を引っ張ると完成です。

この結び方もプレーンノットよりはネクタイが短くなりますので、「もう少しネクタイを短くしたい!」という方にはオススメです。

まとめ

今回は「ネクタイの結び方をご紹介!高校生女子におすすめの方法はコレだ!」ということで、ネクタイの結び方を4つご紹介させていただきました。

ネクタイは生地によって形が変わってきますし、結び目の好みや長さの好みもそれぞれだと思うので、自分に合った結び方を探してみてくださいね。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、慣れてしまえば目をつぶってでもできるようになるはず!笑

ぜひ、今回の記事を参考に練習してみてくださいね!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる